ゲーム: The Elder Scrolls V: Skyrim

 プレイ・レビューをつらつら書いて行こうと思いましたが、冗長に書かず簡素に書くようにします。ネタバレはしません。

 

・最初に

 今回プレイしたのは「Skyrim Special Edition」で、2016年にリマスターされたものです。プレイ時間は150時間程度、Modを一切入れないプレイ(バニラプレイと呼ばれます)におけるレビューになります。

f:id:hakuwu:20170930015816p:plain

 

www.youtube.com

このTrailer動画には日本語字幕が付いております。

 

・ロールプレイの真髄

 僕は「あまり考えてプレイしたく無い人間」でして、むしろメインストーリーの進むままに身を任せたいのですが、本ゲームはメインストーリーそっちのけでプレイしたくなるゲームでした。自分でストーリーを作っていくような不思議な体験をさせてくれます。あまりRPGをしないので、アテになる評価ではない可能性がありますが、RPGをもっとやりたい!と思わせてくれるゲームです。

 

・ストーリーへの没入具合

  個人的にゲームは「数字で言うグラフィックの良し悪し」よりも「想像力の一助になるかどうか」で没入具合が変わってくるので、ドット絵でもストーリーの骨組みや操作性が良ければ、不満はありません。リアル志向のグラフィックでも操作性が悪いと没入しづらいのです。そういう観点でスカイリムを見た場合、景色も美しいですし、キャラクターへの没入も十分に出来ました。

 

・満足点>>不満点

 この等式が成り立つゲームはだいたい評価が高い印象です。スカイリムの開発会社はBethesdaという会社ですが、この会社のRPGゲームはバグの多さで有名です。例にもれずスカイリムもバグは多々あります。一部の操作性やUIの不親切さバグの多さが不満点に数えられますが、ゲーム全体の満足度が高いので、素晴らしいゲームだと評価したいと思います。

 

・多様なMod

  僕はModを一切入れずにプレイをしました。どのようなModがあるかは存じているものの、未だに入れたことはありません。例えばバグを多数修正する物やUIの向上をしてくれる、いわばシステム面のModを始め、キャラクターのヴィジュアルを手直ししてくれるModなど、想像しうる多くのModが配布されております。Modを入れずに、どれほどの不満が出るのだろうと思ってあえて入れなかったのが実情ですが、結論としては、「慣れ」ます。使いづらいUIも可愛くない顔も、バグの多さも慣れが緩和してくれます。しかし数百時間プレイしている方の多くはModを導入しております。バニラプレイでは150時間程度で一段落しましたが、Modの導入を更に多くの設定を付加出来るようになると、僕も何百時間もスカイリムに費やすことになるだろういうことは容易に想像出来ます。

 

ちなみにNPCの不細工な顔についての意見ですが、美化Modなどを入れると世界観が崩れると思います。スカイリムの世界は簡単に言うと、国の勢力が二分しており治安が悪い情勢です。国に2つの政府があると思ってください。それに加えてドラゴンが復活し、スカイリムの住民は、対立する2つの勢力とドラゴンという三つ巴のゴタゴタに巻き込まれているという状態です。正確にはもっと多くのゴタゴタに巻き込まれていますが、割愛します。そういう状況で美人が多いのは違和感しかありません。オシャレをする暇もなく全体的に小汚い格好が、まさにスカイリムの世界観にマッチしているのです。あくまで僕のスカイリム観なので、人によって違うことは留意してください。自分の設定を守ることが、スカイリムを最大限に楽しむミソになります。

 

 

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド?

 前にゼルダの伝説BotWをプレイしましたが、BotWにはスカイリムのDNAが垣間見えます。友達曰く、BotWにはFar Cryシリーズの匂いもするとのこと。このような互いに好影響を及ぼし合っているゲーム群をプレイすると、ふいに懐かしさを覚えます。既視感ではなく懐かしさです。露骨なパクリは懐かしさではなく、既視感になります。互いにリスペクトした作品は素晴らしいですね。ちなみにゼルダの方はRPG要素が少ないため、総プレイ時間はスカイリムの方が長くなります。

 

レビュー終わり。 

 

____________________

 

スカイリム本編にある、個人的に好きな設定

 

ドワーフの技術と彼らの消失

 スカイリムでは「ドワーフ」とは呼ばずに「ドゥーマー」と呼ばれます。かつて彼らは高度な蒸気機関技術、卓越した建築様式を誇る種族でしたが、とある事件により種族全員が一夜にして姿を消します。それゆえに残った建造物に放置されているアイテムを主人公が取りに行きます。ドゥーマーの武器はドゥーマー独自の合金で構成されており、スカイリムの合金技術で再現できないため、ドゥーマーの武具を作る際は、遺跡に転がっている部品を溶かして再利用するしかありません。途中で出てくる人が言うには....「私は人間の中では賢者だ。だがドゥーマーと比べればただの愚かな子供にすぎない。ドゥーマーで最も愚かな者と比べてもな。」こういう設定が大好きなのです。

 

Bethesdaの池 - 新約聖書において、エルサレムにあったと記されている池。38年間にわたり病に苦しんでいた者をイエスが癒やしたと記されている。